2018-08-16

市民が選んだ大垣まつりポスター

日本国際ポスター美術館で開催されていた「大垣まつり世界のポスター展」。

大垣まつりをテーマにしたポスターを公募し、世界50カ国から200点以上もの作品が集まりました。

その中から選ばれた最優秀賞2点、入選50点が美術館内にずらりと並ぶ様子は、1枚1枚どれも個性的で、ポスターという概念の枠を広げてくれます。

 

実は、展示期間中、会場では訪れたお客さんにお気に入りの1枚を選んでいただいていました。

『あなたが選ぶ「大垣まつりポスター」』の投票結果が届きましたので、52作品のうち特に人気の高かったポスター12点をここでご紹介します。



02.秋山孝(日本)

 


05.エリーザ・バルディセーラ(イタリア)

 


21.ダニー・クーリー

 


26.カリーナ・ランク(スウェーデン)

 


31.ファドリ・マシダ Fadli Machda (インドネシア)

 


35. カレル・ミシェク Karel Míšek (チェコ)

 


36. ピヨトール・ムウォドゼニェツ Piotr Mlodozeniec (ポーランド)

 


37. 永井 一正 (日本)

 


38. 南部 真有香 (日本)

 


42. カリ・ピッポ Kari Piippo (フィンランド)

 


48. 梅村 茂一 (日本)


51. ペドロ 山下 (日本)

 


同じ大垣まつりを題材にしていても、これだけ多種多様な表現になるのがおもしろいところ。

みなさんも街中のポスターを「アート」として見てみると新しい発見があるかもしれません!

関連記事